form

剤形の説明(健康食品はカタチで決まる)

SCROLL

健康食品の形状の種類や特長について

ひとえに健康食品と言っても形状は様々。
使用原料や使用用量、マーケティングなどに大きく影響してきます。
こちらをぜひ参考にして下さい。

 

カプセル ハードカプセル

円筒形のボディーとキャップで構成されています。
主に粉末や顆粒状の健康食品(サプリメント)原料を内容物として、単一の原料もしくは、数種類の原料粉末を混合し、豚又は植物由来のゼラチン原料でできたボディーに詰めてキャップを施し、製造します。

  • 粉末:〇
  • 液体:×
  • オイル:×

・ソフトカプセル

内容液をゼラチン皮膜で包み、圧着・成型加工した製品形態であり、その製造方法は内容液の密封性・安定性に優れています。
オイルや味やにおいの強い食品に適しています。
注意点としては、特に夏場などでの暑さや湿気といった要因でカプセル同士がくっつく可能性があります。

  • 粉末:〇
  • 液体:×
  • オイル:〇

顆粒

粒の直径が0.1~1mm程度に成形された粉末状のものです。
顆粒剤のなかには、においや苦味の抑制、薬が溶ける時間を調節する為に、表面にコーティングが施されているものもあります。

アルミスティックや三方フィルムなど個包装にて提供することが多いです。
水と一緒に飲むタイプもあれば、そのまま飲めるタイプもあります。

  • 粉末:〇
  • 液体:×
  • オイル:×

錠剤

粉末や顆粒等に賦形剤等を加え圧縮成型したものになります。健康食品としても最も一般的な製品形態です。
コーティングなどをしない素錠であれば安価で製造することもできます。

  • 粉末:〇
  • 液体:×
  • オイル:×

ジュース

果汁やその他飲料素材と混ぜて製造することが可能です。

※当社では現在、サジージュースの原料販売・OEMはご提供はできません。
そのためサジー果汁粉末を液体に混ぜたり、オイルを液体に添加するという方法でのご提案は可能となっております。

  • 粉末:〇
  • 液体:〇
  • オイル:〇

ペーストやゼリー

機能性成分を多く摂りたい場合、カプセルや錠剤は数量を多く飲まないと摂取が多く取れない場足がありますが、ゼリーと同じ専用スティック分包のペースト状だと機能性成分が高配合できる製品が作れます。カプセルや錠剤よりも有効成分を多く配合できます。

  • 粉末:〇
  • 液体:〇
  • オイル:〇

飴やグミ

機能性成分を飴やグミに配合加工することで、手軽さ、水などなく簡単に摂取できるようになります。

  • 粉末:〇
  • 液体:〇
  • オイル:〇

焼き菓子

クッキーやカップケーキなどのお菓子から、パン・麺などへの生地に練り込み製造も可能です。

  • 粉末:〇
  • 液体:〇
  • オイル:〇


以上のような剤形での製造が一般的になります。

使用する原料の種類や配合量などもマーケティングなどに大きく影響してきます。
カプセルなのか錠剤なのかなど剤形をもとに配合成分を考える場合もあれば、乳酸菌やコラーゲンなど配合したい原料を考えてから剤形を導き出すこともあります。


最近では、マーケティングの戦略によって剤形や包装形態の容器を変える場合もあります。
詳しくは、容器の説明にて。



1.剤形の説明(健康食品はカタチで決まる)
2.容器の説明(見た目だけではない奥深さがあります)
3.食品表示について
4.原料原産地表示とは?
5.製造所固有記号とは?
6.必要な資材について
7.ロット数について大切なこと
8.納期ってどれくらい?
9.価格&契約について