宇航人本社について

宇航人本社は中国の内モンゴル自治区にある大手サジー(沙棘)原料メーカーです。

 

宇航人本社には、『サジー(沙棘)プロジェクト研究センタ-』があり、この研究センタ-は内蒙古自治区の沙棘科学研究機構でもあります。科学研究設備が揃っていて、技術管理が完全です。薬品、保健食品、化粧品等の専門科学技術人員がいて、科学研究レベルは一流と自負しております。今現在は超臨界二酸化炭素抽出、分子破壁プラス酵素、浸透フィルム超濾過等と言った数多くの国際一流水準の技術と装備を持っていて、これらを沙棘の生産加工に使っています。

 

宇航人はほかにまた幾つかの特許技術をもっています。製品の知的所有権の面においては、沙棘新薬の二つの知的所有権を独占し、沙棘保健食品の複数の知的所有権、パテントの独占使用権を持ち、4つのパテントを申請しているところです。

 

ドイツのALPHA社と合弁して以来、ドイツの50年間に渡って積み重ねた沙棘に関しての研究開発経験が宇航人会社に補充的に利用され、収穫から生産加工まで、国際的に優れているパテント技術を使用しています。

 

ハイテク技術と知的所有権を総合的に使用していることに拠って、製品の技術含有量は沙棘業界では絶対的にトップレベルに位置しています。

 

※ 内蒙古宇航人高技術産業:Inner Mongolia Yuhangren High-Tech Industrial Co.,Ltd.

宇航人(うこうじん)という名前の由来

宇航人という名前は【宇宙飛行士】からきています。旧ソ連で宇宙事業の医学部門において宇宙飛行士の保険薬品に指定されたことが由来です。
旧ソ連では早くからサジー(沙棘)の薬理研究の取り組みがなされ、数多くの基礎研究と臨床実験を通じて、サジーの果実やサジー油の活性成分は160~190種類あることを見出し、いち早くサジー(沙棘)を正式な医薬品として認めています。

最先端の技術設備を持つ宇航人

世界最大の超臨界二酸化炭素抽出現場、沙棘の黄色いケトン抽出現場、沙棘多糖類抽出現場、GMP薬品製剤現場があり、国内最先端の抽出分離装置、植物有効成分抽出装置、ジュ-ス分離濾過鮮度維持生産ライン、新しいタイプの薬剤生産ライン、高精度多機能の分析検査器具及び優れた冷蔵冷凍生産装置を据え付けています。

沙棘ジュ-スと飲み物を生産する時はフィルム分離設備及び中間温度缶詰システムのセット生産ラインを使用しています。即ち、沙棘シリ-ズの製品は皆、最先端の技術設備を使用ています。

サジーの実の年間処理能力は50000トン

年間60万トンの沙棘オイルを抽出できる装置が完備しています。
年間45万トン沙棘オイル分離装置が完備しています。 2040平米のGMP基準をクリアした超清潔製剤現場を完備しています。
10トンの沙棘の黄色いケトンを抽出する現場を完備しています。 30トンの沙棘の多糖類抽出現場を完備しています。

世界でも優良な宇航人のサジー原料

宇航人は蒙古高原の野生している沙棘を主要原料としています。この地区は海抜が1800メ-タ-以上あり、空気が清らかで美味しく、気候も適い、汚染から遠く離れた天然緑色生態保護区であります。この為、沙棘の実のビタミン、鉱物質、微量元素の含有量が高く、品質が優れています。これは良品質の沙棘オイル製品を製造する最も重要な基礎になっています。宇航人沙棘の原料には農薬の残留物がなく、純粋な天然緑色原料です。宇航人は今、世界でも優良な沙棘原料基地を六つ持っています。

 

  • 内蒙古和林格爾蛮汗山周辺地区
  • 赤峰敖漢旗野生沙棘基地
  • 河北囲場沙棘基地
  • 山西右玉山区沙棘基地
  • 山西交口沙棘基地
  • 西靖辺野生沙棘基地

これからのサジー市場

内蒙古宇航人高技術産業は資源産地基礎を置き、生産した半製品と中間体原料は大量に販売できます。末端製品は委託代理商に販売しております。
今日、シンガポール、マレーシア、日本で沙棘製品を販売していますが、将来はヨーロッパと中東地区で宇航人会社の各種の製品を販売し、ロット販売の業績を取得する予定です。

 

1999年以来、沙棘オイルは長期イタリアへロット輸出していますが、中国の香港と台湾では、沙棘オイルの販売ネットは非常に強固になっています。これからはアジア市場での販売業績を高め、ヨーロッパ市場での販売規模を広く開拓し、アメリカ州市場では新しい取引先を開発し、販売ネットを健全にする計画です。